スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

代理出産☆ニュースZEROのドキュメント。

今。
ニュースZEROを見ている。


今日、報道にあった、

代理出産:「温かく見守って」…母娘が会見 - 毎日jp(毎日新聞)代理出産:「温かく見守って」…母娘が会見 - 毎日jp(毎日新聞)

根津クリニックにおける、
母娘間の代理出産の出産までの軌跡を紹介している。


ニュースZEROによれば。
1歳の時に、生まれつきでない病気により、娘さんは子宮を摘出したそうで。


大人になっても月経がこない、娘さんが、
22歳になった時、初めて、自分の体に何が起こっているのかを尋ねる、手紙を送ったときに。


お母さんははじめて事実を告げた。


=====

お母さんは。
娘さんが結婚して1年くらいたったときに、
「自分の体力がある間に」と代理出産を提案した。



今。出産のシーンが。



娘さんは。
お母さんのお産まで、女性ホルモンを投与され、乳房マッサージをして、
おっぱいが出る体にする努力をして。


お産後は、おっぱいをあげて育てている。



娘さんと赤ちゃんは。
実際の親子関係がある。

子宮を摘出したものの、卵子は体内で存在していたので、
旦那さんとの受精をした卵子で、今回の出産を迎えた。


この問題は、賛否両論あるところで、
この場では、意見を述べることは控えるが。


自分が子を育てていて思うこと。


お産も確かに大変なことだが、
子を育てることは、もっと大変で。


実際は、親としての実感は、
子を育てる過程で、より強く感じるのではないだろうか?


出産してからの4ヵ月半、入院していた二男がいる私は。
母としての実感をもったのは、退院後だったことを、このニュースに重ね合わせて考える。


状況が異なるが、
「生みの親より育ての親」という、たとえもある。


素敵な育児を楽しんでほしい。


この報道の今後を注目したい。

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

とい☆ちん

Author:とい☆ちん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。